HOME > 生理痛

生理痛

生理痛とは?

生理中、またはその前後に下腹部が痛んだり、腰から尾骨あたりの引っ張られるような痛みが周期的に現れるもの。ひどい時は激痛で動けなくなることも。

下腹部が少し重たい、軽く張った痛みがある程度なら良いのですが、鎮痛薬を毎回飲まなければいけないほどならば、それは健康な状態だとは言えません。

生理は女性にとって、とても大切なはたらきです。

「生理が来なければいいのに…」と思ってしまう程、辛い生理痛がある身体には、大元の身体のバランスの崩れがみられる事が多いのですよ。

 

西洋医学的にみた生理痛のしくみ

生理痛(月経困難症)をきたす女性は、子宮内膜より産生されるプロスタグランジンという、痛み誘発物質が多い事が報告されています。

多量に分泌されたプロスタグランジンは、子宮の筋肉を過度に収縮させてしまいます。それにより、血管が収縮し、子宮の筋肉が虚血状態になり、強い痛みが起きてしまうものとされています。

 

西洋医学での生理痛の治療としては、

  • NSAIDs(プロスタグランジン合成阻害薬)
  • 低容量ピルによる排卵の抑制
  • プチルスコポラミン(ブスコパン)による平滑筋の弛緩

などがあります。

 

東洋医学的にみた生理痛のしくみ

通じざれば、すなわち痛む。これが東洋医学でみた「痛み」のしくみです。

では、何が通じていないのでしょうか?
それは、「気、血、水」の巡りです。

川の流れに例えるなら、全身を勢いよく綺麗な水が流れていれば、痛みは起こりません。
しかし、流れが滞る場所が出来てしまうと、そこに痛みが発生してしまいます。

 

生理前から生理1〜2日目に生理痛が起こる人は、流れが悪いタイプ。わりと体力のある「実証」タイプで、生理が終わるとスッキリ元気になるのが特徴です。川の例えで説明するなら、川幅が狭くなったり、川の水が凍ったり、水が汚れてドロドロだったりして、流れが滞ってしまうのですね。
それぞれの原因に合わせて、流れを良くする治療を施します。

 

生理中〜生理後にかけて生理痛が起こる人は、気・血・水自体が少なくなって、流れが悪くなってしまうタイプ。体力のない「虚証」タイプで、生理が終わっても、体調が優れません。川の水自体の量が少なくて、流れないのです。流れを良くする治療だけでは改善せず、気・血・水を増やす治療が必要です。体力の無い方、長期にわたる疲労や睡眠不足の方、産後の方などは、このタイプが多いです。

 

東洋医学的な生理痛のタイプ

気滞血瘀(きたいけつお)

ストレスや緊張によって気の滞り(気滞)があると、血も停滞し(血瘀)、経血がスムースに流れなくなり、月経前から痛くなります。月経が始まっても、子宮口が緊張しており、また経血がサラサラでないために排出がスムースに行かず、そのために子宮が強く収縮して痛みが起こります。経血は暗紅、塊が混じります。
チクチク痛んだり、何かで刺されるような激しい痛みが特徴。

このタイプは、身体の気の巡りを良くする治療をしていきます。普段から、ストレス解消、ストレッチなどの巡りを良くする運動などを取り入れるのがオススメです。

 

寒凝血瘀(かんぎょうけつお)

冷たいものを取りすぎたり、身体を冷やす事で起こる寒邪によって、血の巡りが滞り、月経の排出がスムースに行われなくなって起こります。経血は暗紅、塊が混じります。お腹の中をギューッと掴まれるような、激しい痛みがあります。お腹を温めると痛みがマシになります。

治療ではお灸を使用し、冷えを取りながら巡りを改善します。普段から、冷えによって体調を崩す人、冷たい物でお腹を壊す人、生理が来ると下痢をする人などがこのタイプ。普段から冷たい飲食を控え、しっかりお風呂などで身体を温めて下さい。

湿熱(しつねつ)

お酒や甘い物、乳製品、ジャンクフード、脂っこい食べ物を好み、身体にいらない熱を溜めこんでいるタイプ。生理前と生理中に、身体に溜め込んだ熱が過剰になり、痛みを起こします。下腹部の刺すような痛みと灼熱感が生じ、下腹部の圧痛があります。経血は暗紅、粘稠かつ匂いがキツめ。黄白色のおりものがあり、便が硬くスッキリ出ません。

治療では、身体の余計な熱を取り、流れを良くしていきます。胃腸に負担をかけないあっさりとした食事に改善し、運動するのがオススメです。

 

衝任虚寒(しょうにんきょかん)

体力が無く、身体を温める力(陽気)が足りないことで、気血の流れが悪くなり、痛みを起こすタイプ。生理中から生理後にかけて、下腹部が冷えて痛み、温めたり押さえると軽減します。月経周期が延長しがちで、薄いおりもの、おしっこが近い、手足が冷える、背中や腰がだるい、などの症状があります。

身体を温める「陽気」を高め、気血の巡りを良くする治療が必要です。普段から身体を冷やさないように衣服に気をつけ、冷たい物の飲食は控えましょう。

 

気血両虚(きけつりょうきょ)

ダイエットや暴飲暴食、思い悩む事などで、脾胃(消化器系)の働きが弱まり、血液やエネルギーを上手く作れなかったり、大病や慢性病の後でエネルギーが少なくなっていると、気と血が不足し、血を失った月経後に痛みが起こります。下腹部が鈍痛、しくしく痛み、温めたりさすったりするとマシになります。経血量が少なく、経血の色も薄め。顔色が白か黄色、ふらつきや倦怠感、無力感などを伴います。

このタイプは、栄養のある物をしっかり食べ、身体を疲れさせないようにしなければいけません。治療でも、気と血を補う治療をしていきます。普段から疲労をためずに体力を補い、しっかり気血を増やしていく事が大切です。

 

肝腎陰虚(かんじんいんきょ)

元々の虚弱体質や、出産後や疲労により腎を傷めていると、月経により気血を失った後で、痛みを起こします。下腹部が鈍痛あるいはしくしく痛み、経血量は少なめ。腰や膝がだるく、頭がふらつき、のぼせ、耳鳴りなどが起こります。身体にエネルギーが足りず、特に潤いが足りない状態。

陰血を補う治療が必要です。夜遅くまでの活動や、目を酷使すること、睡眠不足は避けましょう。

 

 

東洋医学的にみた生理の痛みの分類

生理痛といっても、痛みの現れ方はいろいろ。目安として、体質別の痛み方をあげてみました。

●下腹部両側〜脇胸部の痛みは気滞によるもの。

●下腹部中央の痛みは血瘀。腰部〜尾底部に放散することもある。

●お腹全体の痛みは脾胃の弱りによるもの。

●痛みに下墜感(下から引っ張られる感じ)を伴ったり、間欠的であったり、張った感じが強いのは気滞。

●持続性の痛みで、経血の塊が出ると痛みが軽減するのは血瘀。

●引きつるように痛み、お腹を押すと痛いのは実証・熱によるもの。

●鈍痛で押さえると楽になるのは虚証。温めると楽になるのは冷えによるもの。

●絞扼痛(絞られるような痛み)は冷えによるもの。

●刺すような痛みは熱か、血瘀。

 

生理は一ヶ月の通信簿のようなもの。

生理痛を無くすためには、生理の時に暖めたりするだけではなく、普段からの身体への養生が必要です。
身体や心に負担が多かった月の生理痛はひどくなる傾向にあります。

 

鍼灸治療で、生理痛を楽にしましょう!
お悩みの方は、是非ご相談下さいね!


お問い合わせについて

電話番号 072-278-9896

ページトップに戻る