HOME > PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)

こんなPMS(月経前症候群)の症状にお悩みではないですか?

生理前になると…
イライラする、キレやすくなる
落ち込み、涙もろくなる
眠気と疲労感がひどい
食欲が暴走して、甘い物が止まらない
胸がはり、頭痛や腰痛がひどくなる

一般的に行われているPMS(月経前症候群)の対処や施術は?

お薬による対処のみ

PMS(月経前症候群)と、以下のような不快な症状が、月経の始まる前に現れること。多くは、月経が始まってすぐ〜2、3日後には消失してしまいます。

<身体の不調>
むくみ、だるさ、眠気、疲労感、胸のはり、下腹部痛、肩こり、腰痛、頭痛、便秘、肌荒れ、冷え性の悪化、食欲増加(特に甘い物が食べたくなる)
<ココロの不調>
イライラする、キレやすくなる、落ち込み、涙もろくなる、憂鬱、無気力、集中力の低下、孤独感、自分ではなくなっている感覚

PMSの症状が現れる時期は人によって違いますが、生理予定日の1週間前くらいから症状が出て、2〜3日前により症状が強まるパターンが多いようです。生理予定日の2週間前から不快な症状に悩まされる場合もあり、そうなると生理を含めたら、一ヶ月のうち快適に過ごせる期間がとても限られてしまいますよね…。

また、なかなか男性には理解されにくく、またPMSの辛さを味わった事のない女性にも理解されにくい症状なので、「甘え」「わがまま」など誤解されたり、つい自分を責めたりしてしまいやすいものです。

 

病院での一般的な処置は、

●イライラや精神不安に対しての精神安定剤や抗鬱剤の処方
●頭痛や腹痛など、痛みに対する鎮痛剤の処方
●漢方薬の処方
●低容量ピルの処方(排卵の抑制、長期服用可)
●GnRHアゴニスト療法(ホルモン分泌抑制、内膜増殖ストップ、長期服用不可)
●ダナゾール療法(男性ホルモン系のホルモン剤)

など、投薬療法が主になります。

 

そもそもPMS(月経前症候群)の原因は

ホルモンバランスの乱れ、セロトニンの低下、巡りの滞り

 

生理前、というのは、高温期のこと。いわば、「妊娠しているかもしれない時期」のことです。卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌が増え、子宮内膜を増殖させて、赤ちゃんのためのベッドを整えます。体温が上がり、受精卵という異物を受け入れるために、いつもより免疫力が下がるので、身体を守るために活動性が低下します。

ですので、低温期と比べると、高温期は身体の中での仕事が増えるので、端から見ると一見元気が無いように見えるんです。まずは、低温期と高温期は、まったく身体の状態が違うんだ、と知っておいて下さい。男性のように、ずっと一定のパフォーマンスで動ける仕組みではない、変化には意味があるんだと知るだけで、PMSの苦しさは和らぎます。

女性ホルモンには、水分を溜め込む性質があります。そのため女性ホルモンの分泌が増える生理前は、むくみ、だるさ、胸が張る、頭痛がする、などの身体の不調を起こしやすくなります。

また、生理前はセロトニンという心の安らぎをもたらすホルモンの分泌が下がりやすくなり、それにより、イライラが起こりやすくなるんですね。

このセロトニンは、「お腹いっぱい、幸せ〜」という信号で、摂食中枢を抑制してくれて、食べ過ぎを防いでくれるありがたい働きがあります。かつ、セロトニンはインスリンという血糖値をコントロールするホルモンと密接な関係にあり、生理前は、セロトニン不足により、血糖値が下がりやすくなります。

血糖値が下がると、不安になったり、イライラしたり、キレやすくなったりします。これが生理前の爆発の原因。そして、早く血糖値を上げたくて甘い物やジャンクフードなどの、主に糖質の過食を引き起こします。


甘い物を食べると、その時はホッとするのですが、その後で急激な血糖値の低下を引き起こし、ますますイライラしたりします。また、過食の罪悪感も重なって、ストレス解消法としては残念ながら悪影響を引き起こす対処法なんですよね。

幸せホルモンのセロトニンや、やる気ホルモンであるノルアドレナリンは、生成の段階で「鉄分」を必要とします。ですので、栄養不足で鉄が足りていないと、血液が子宮に集まる生理前には、ますます鉄不足がひどくなり、セロトニンやノルアドレナリンが作れなくなって精神不安定になりやすくなります。

 

また、女性ホルモンという生殖に関わるホルモンは、数あるホルモンの中でも、生成の優先順位があまり高くありません。何故なら、生理が止まって子供が作れなくても、生命維持は出来るからです。

身体は、「生殖」よりも「ストレス=命の危機」に対応する事を優先しますので、長いストレスにさらされたり、偏った食事で栄養が足りていないと、卵巣ホルモンの分泌に影響が出てしまい、バランスの崩れを起こしてPMSを引き起こしやすくなります。

 

では、なぜ当院の施術でPMS(月経前症候群)が改善するのか?

血流を良くしてストレスをゆるめ、女性ホルモンのバランスを正しましょう

女性ホルモンのバランスというのは、卵巣と、脳の下垂体、視床下部という部分とのやり取りで、コントロールされています。

視床下部は、自律神経の調整、食欲や性欲、体温や血圧などの本能的・動物的な部分を司ります。ですから、女性ホルモンは、生活リズムの乱れや、ストレスの影響をもろに受けます。「生き物として、安全に健康に生きられているか?」によって、バランスが乱れやすくなるのです。

普段から、生活リズムが乱れている、食事が乱れて栄養不足かつ血糖値の乱高下がひどい、疲労や冷えで血流が悪い、ストレスが多い人は、PMSがひどくなりやすくなってしまいます。

 

セロトニンという幸せホルモンは、元々ストレスが多かったり、生活が乱れていると不足しやすくなります。それが生理前に更に低下してしまい、酷い症状に繋がるのです。ですから、普段からセロトニンを増やしておくことが大切。
また、ストレスが多いと、コルチゾールというストレスホルモンが出過ぎてしまいます。コルチゾールと黄体ホルモンは、実は材料が同じで、拮抗する関係にあり、そのため黄体ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

すなわち、生理前以外の時に、いかに体調を整えてハッピーに穏やかに過ごしているか、がPMSに影響するのですね。生理前だけでなく、普段から鍼灸で体質を整えておく事で、PMSが起きにくい身体に繋がる、という訳です。
栄養不足がみられるかたには、食事のアドバイスもさせて頂きます。ヘルシーな食事を取っているつもりで、鉄分やタンパク質が足りない女性はとても多いですから。

鍼灸により自律神経をリラックスさせ、筋肉の緊張を緩めることで、コルチゾールとセロトニンのバランスを整えます。施術によって血流を良くし、体内の水の流れを良くする事により、むくみや頭痛などの水分貯留による生理前の身体のしんどさがグンと改善されます。

また、施術で血流を改善し、ストレス値を下げることにより、女性ホルモンのバランスを整え、PMSの辛さを和らげる事が出来ますよ。

東洋医学的に診た、PMSの改善方法

●気血虚弱(きけつきょじゃく)

ストレスや疲労で脾胃を傷めるなどで、普段から脾虚があると、
気血を作れなくなるため、心神が栄養されず不安定に。
月経によって血液が子宮へ集まり、心神への供給が不足すると、抑うつやイライラを起こします。

→ハードスケジュールや睡眠不足など、
身体の疲労があると、PMSがひどくなってしまいます。

ストレスのせいで怒っているのではなく、
身体が疲れているのだ、と自覚する事が大切。
生活習慣の見直しで、随分楽になります。気血を補う施術が必要です。

●肝鬱気滞(かんうつきたい)

ストレスを貯めていたり、怒りやすい・我慢する真面目な性格だと、
肝による気と血の巡りが悪くなり、心神の働きを乱してしまいます。

→普段から言えない事を貯めていたりすると、
生理前に本音がマグマのように爆発するタイプ。

生理前の爆発分のエネルギーを、普段から抑圧している、と考えてみて下さい。
日頃から小出しにストレス解消をする事が大切です。

こんな事を思ってはいけない、と抑圧するとさらに悪化しますよ!
肝の巡りを良くする施術で、精神を落ち着かせます。

●痰火上乱(たんかじょうらん)

身体に湿気や水分を貯めやすい体質であったり、
脾の働きが悪いと痰湿という状態になり、
これが生理前に火のように突き上げて心神を乱します。

→このタイプは、生理前の食べるものに気をつけた方が良いでしょう。
甘いものやジャンクフードのドカ食いで、余計にしんどくなるタイプです。
脾の働きを助け、余計な湿気や水分を抜く施術をします。

 

当院が選ばれる5つの理由

中百舌鳥で唯一の【女性専門】鍼灸院です!

肌に触れる鍼灸だから、男性施術者は少し緊張してしまいますよね。
女性だけの空間だから、からだや生理のこと、妊活の話など、デリケートな話題も、遠慮なくお話して頂けます。

また、「女性だからこうあるべき」「母親だからこうしなければならない」など、女性が背負った役割も、ここでは解禁。素のご自分になって頂ける空間をお作りしています。

 

まるでエステのような貸し切り空間で、プライバシーも安心


カーテンやつい立ての仕切りの所では、身体のお悩みを話しにくいですよね。
隣に男性がいたりすると、気を使うし、カーテンの揺れも気になってしまったり。

当院は女性専用鍼灸院。ベッドは一台のみ。エステのようなお部屋で、病院っぽさは全くありません!施術中は、お一人のためだけの貸し切り空間となっておりますので、リラックスして施術を受けて頂けます。

 

「鍼なのに痛くない!」「お灸なのに熱くない!」

鍼というと、痛いと思うのは当たり前。でも先生によって施術方法がまったく異なるんです。

繊細な女性には、繊細な刺激の施術でちょうどいい事がほとんど。細い鍼に、お灸もほんわかと温かいタイプのものを多用しています。

私自身が痛がりの恐がりですので、我慢をさせるような施術は全くありません。細かくお声掛けしながら進めていきますので、安心して下さいね。

 

トコトンあなたのお話、お聞きします!

当院では丁寧なカウンセリングのような問診を行っています。
どんな生活を送っているのか、どんな気持ちで過ごしているのかも大切なことだからです。

お話の中にこそ、身体を良くするヒントが隠れていると考えていますので、初診では問診と施術を合わせて90分程度のお時間を頂きます。
二回目以降も、毎回お話を丁寧にお伺いして、その日のお身体に合った施術を致します。

また、家族や友人にも話しにくい、怒りや我慢などのネガティブな気持ちも、
ここではオールOK。そのストレスから不調が起こっている事もあるのです。
お話しするだけでも、心が軽くなりますよ。

 

国家資格取得者だから安心!ベテランの女性鍼灸師です

border=院長の大島は、厚生労働省認可の国家資格である、はり師・きゅう師免許を取得して、キャリア10年目になります。これまで施術した人数は27000人以上。安心してお任せください。

女性向け講演活動もしており、定期的にセミナー・勉強会に参加し、技術の向上に努めています。

鍼灸関連、心理・精神医学関連、ジェンダー・女性学系のセミナーなど、女性の心、身体、社会など、現代の女性をサポートするための各方面の知識を日々高めています。

推薦文を頂きました!

女性のお悩み専門 OQL鍼灸整体院 院長 村斎友子先生

大島絵理先生とはとある勉強会で知り合い、プライベートでもとても親しくさせてもらっています。

『女性が仕事や家庭など、あらゆる
シーンで活躍できて、幸せな人生を全うできるように鍼灸治療でサポートして下さる
頼れる鍼灸師』という印象の先生です。

普段の絵理先生は天然な一面もあって、とてもチャーミングなお人柄で、同じ鍼灸師としても人としても、とても信頼できて尊敬している鍼灸師の一人です。

疲れた体を優しく包み込んでくれそうな、女性らしい柔らかな雰囲気と
温かい眼差しで、さまざまな不調を抱えた女性はホッと安心されるかと思います。

針は痛いお灸は熱いという先入観は一旦置いて、まずは絵理先生に会いに行ってみてください。きっとあなたの頼もしい味方になってくださいますよ!

枚方市「レディース鍼灸 リブレ」院長 高橋節子先生


先生とは、鍼灸の研修会で知り合いました。

絵理先生は、とても頭の回転が速くて、習ったことをすべて吸収するような人です。
感情が豊かなので、話を聞いてもらうことが楽しかったですね。
若いのに、よく人の気持ちがわかるもんだなぁと感心します。

忙しい病院で臨床を積まれていて、経験もバッチリ。
どこへ行っても良くならなかった方でも大丈夫ですよ!

施術料金(HPを見た方は、初見料3000円オフ!)

【初回】      9000円+初見料3000円

初回は1時間半程度のお時間を頂きます。
丁寧なカウンセリングにより、あなたの体質に合ったオーダーメイドの施術を致します。

【2回目以降】   6000円(45分程度)

毎回お話を伺いながら、その時のお体に最適なツボを組み合わせて施術致します。
生活習慣のアドバイスも無理のない範囲でさせて頂きます。

なかなか改善しないPMS(月経前症候群)にお悩みの方へ

PMSは生理前の症状ではありますが、
生理前だけ気をつければ良いという事ではありません。

生理は、身体の通信簿。
身体のバランスの崩れが、生理前に集中して症状として押し寄せるだけであり、
日頃の過ごし方、身体のいたわり方が大切です。

PMSは「気力」や「むやみなポジティブシンキング」で良くはなりません。
身体とココロは一体。身体からのアプローチで、気持ちも整います。
PMSでお悩みの方は、是非ご相談下さい!


お問い合わせについて

電話番号 072-278-9896

ページトップに戻る