HOME > 乳腺炎

乳腺炎

こんな乳腺炎の症状にお悩みではないですか?

乳房を押すと痛む
乳房が腫れて熱をもち、しこりができる
乳房が赤みを帯びる
乳房が張って硬くなる
赤ちゃんを抱っこしたり、腕を上げたりすると胸の辺りが痛む
脇の下のリンパ節が腫れる

一般的に行われている乳腺炎の対処や施術は

母乳をしっかり出すこと、ひどくなると投薬や外科処置も


乳腺炎には二種類あります。乳腺がつまり、炎症を起こしてしまう「うっ滞性乳腺炎」と、細菌が入って乳腺が炎症を起こす「急性細菌性乳腺炎」です。

うっ滞性乳腺炎で、しこりがあり、痛みがある程度でしたら、授乳や搾乳についての指導や、マッサージ等で、溜まった母乳を出す事が一番の対処法となります。

乳房が熱を帯びていたり、発赤がみられる場合は、炎症が起こっているので、冷やして炎症を沈めます。

急性化膿性乳腺炎になると、 高熱や膿を伴い、消炎鎮痛剤や抗生物質などを投与されます。場合によっては膿を排出するために切開手術を行うこともあります。

そもそも乳腺炎の原因は?

乳房周辺の巡りの悪さと体力低下

まずなりやすいのは「うっ滞性乳腺炎」。これは、赤ちゃんの母乳の飲み方に偏りがあったり、授乳間隔がばらついたりすることや、ブラジャーや姿勢などによる、胸回りの血流不全が原因といわれます。また、ストレスを感じやすい人や、疲労などによる体力低下があると、症状を引き起こすことがあります。

「急性化膿性乳腺炎」は、うっ滞性乳腺炎が悪化したり、赤ちゃんの口を通じて細菌が入ることによって発症します。

東洋医学的には、乳房は肝と胃のエリア。育児ストレスが反映されやすい場所でもあります。

「 通じざれば即ち痛む」というのが、東洋医学での痛みの考え方。同じ姿勢での授乳や抱っこで、肩周りに負担をかけ続けると、乳房周りの気の流れが悪くなり、詰まる・痛むという症状を引き起こします。

また、産後の疲れ、寝不足、栄養失調などで「気虚」というエネルギー不足状態になると、全身の気を巡らせる力が低下し、何もしていなくても疲れるたり、肩が凝ったり、おっぱいをスムーズに出す力が無くなってしまいます。

 

では、なぜ当院の施術で乳腺炎が改善するの?

循環の改善と、産後の体力アップ


気・血の巡りが詰まりやすくなっている上背部〜乳房周辺のツボを鍼で刺激し、流れを良くしていきます。また、自律神経のバランスを正してストレスをゆるめ、全身の血流を良くし、詰まりにくい身体に整えます。気虚タイプの方にはエネルギーを補う施術をし、体力アップをはかります。

ケーキなどの甘いものや脂っこいもので乳腺が詰まるため、厳格な食事制限が必要だという見方がありますが、当院では、制限ではなく、しっかりと産後の体力を補うための栄養の摂取をおすすめしています。

産後の食事はどうしても、ケーキ、菓子パン、うどんなど、簡単に食べられる糖質が多くなりますよね。
しかし、妊娠と出産で損なわれた体力と血液は、糖質では回復出来ないのです。

身体や血液を作るモトは、まずタンパク質、加えて野菜や海藻などのビタミンミネラルが必要です。甘い物をやめようとするより、甘い物で満たしていたお腹を、まず栄養のあるもので満たす習慣に切り替えて頂くことで、身体が回復し、痛みの起こりにくい身体になっていきますよ。

当院が選ばれる5つの理由

中百舌鳥で唯一の【女性専門】鍼灸院です!

肌に触れる鍼灸だから、男性施術者は少し緊張してしまいますよね。
女性だけの空間だから、からだや生理のこと、妊活の話など、デリケートな話題も、遠慮なくお話して頂けます。

また、「女性だからこうあるべき」「母親だからこうしなければならない」など、女性が背負った役割も、ここでは解禁。素のご自分になって頂ける空間をお作りしています。

 

まるでエステのような貸し切り空間で、プライバシーも安心


カーテンやつい立ての仕切りの所では、身体のお悩みを話しにくいですよね。
隣に男性がいたりすると、気を使うし、カーテンの揺れも気になってしまったり。

当院は女性専用鍼灸院。ベッドは一台のみ。エステのようなお部屋で、病院っぽさは全くありません!施術中は、お一人のためだけの貸し切り空間となっておりますので、リラックスして施術を受けて頂けます。

 

「鍼なのに痛くない!」「お灸なのに熱くない!」

鍼というと、痛いと思うのは当たり前。でも先生によって施術方法がまったく異なるんです。

繊細な女性には、繊細な刺激の施術でちょうどいい事がほとんど。細い鍼に、お灸もほんわかと温かいタイプのものを多用しています。

私自身が痛がりの恐がりですので、我慢をさせるような施術は全くありません。細かくお声掛けしながら進めていきますので、安心して下さいね。

 

トコトンあなたのお話、お聞きします!

当院では丁寧なカウンセリングのような問診を行っています。
どんな生活を送っているのか、どんな気持ちで過ごしているのかも大切なことだからです。

お話の中にこそ、身体を良くするヒントが隠れていると考えていますので、初診では問診と施術を合わせて90分程度のお時間を頂きます。
二回目以降も、毎回お話を丁寧にお伺いして、その日のお身体に合った施術を致します。

また、家族や友人にも話しにくい、怒りや我慢などのネガティブな気持ちも、
ここではオールOK。そのストレスから不調が起こっている事もあるのです。
お話しするだけでも、心が軽くなりますよ。

 

国家資格取得者だから安心!ベテランの女性鍼灸師です

border=院長の大島は、厚生労働省認可の国家資格である、はり師・きゅう師免許を取得して、キャリア10年目になります。これまで施術した人数は27000人以上。安心してお任せください。

女性向け講演活動もしており、定期的にセミナー・勉強会に参加し、技術の向上に努めています。

鍼灸関連、心理・精神医学関連、ジェンダー・女性学系のセミナーなど、女性の心、身体、社会など、現代の女性をサポートするための各方面の知識を日々高めています。

推薦文を頂きました!

女性のお悩み専門 OQL鍼灸整体院 院長 村斎友子先生

大島絵理先生とはとある勉強会で知り合い、プライベートでもとても親しくさせてもらっています。

『女性が仕事や家庭など、あらゆる
シーンで活躍できて、幸せな人生を全うできるように鍼灸治療でサポートして下さる
頼れる鍼灸師』という印象の先生です。

普段の絵理先生は天然な一面もあって、とてもチャーミングなお人柄で、同じ鍼灸師としても人としても、とても信頼できて尊敬している鍼灸師の一人です。

疲れた体を優しく包み込んでくれそうな、女性らしい柔らかな雰囲気と
温かい眼差しで、さまざまな不調を抱えた女性はホッと安心されるかと思います。

針は痛いお灸は熱いという先入観は一旦置いて、まずは絵理先生に会いに行ってみてください。きっとあなたの頼もしい味方になってくださいますよ!

枚方市「レディース鍼灸 リブレ」院長 高橋節子先生


先生とは、鍼灸の研修会で知り合いました。

絵理先生は、とても頭の回転が速くて、習ったことをすべて吸収するような人です。
感情が豊かなので、話を聞いてもらうことが楽しかったですね。
若いのに、よく人の気持ちがわかるもんだなぁと感心します。

忙しい病院で臨床を積まれていて、経験もバッチリ。
どこへ行っても良くならなかった方でも大丈夫ですよ!

施術料金(HPを見た方は、初見料3000円オフ!)

【初回】      9000円+初見料3000円

初回は1時間半程度のお時間を頂きます。
丁寧なカウンセリングにより、あなたの体質に合ったオーダーメイドの施術を致します。

【2回目以降】   6000円(45分程度)

毎回お話を伺いながら、その時のお体に最適なツボを組み合わせて施術致します。
生活習慣のアドバイスも無理のない範囲でさせて頂きます。

なかなか改善しない乳腺炎にお悩みの方へ

授乳は限られた期間の、赤ちゃんとの貴重なふれ合いの時間です。それが痛みのせいで、授乳が辛い思い出になってしまうのは、切ないですよね。

それでなくても、産後は疲労がきつい時期です。鍼灸で頑張ってくれている身体をいたわり、育児を乗り切りましょう(^_^)お悩みの方は、是非ご相談下さいね。

 


お問い合わせについて

電話番号 072-278-9896

ページトップに戻る